第29回手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)試験日程はこちら
新作ビデオの貸出が始まりました。どうぞご利用ください。
精神保健研修会2017は、今年は7月に実施します。詳細はGW後にUPします。

2016年8月25日 字幕付きドラマ上映会

2016年9月1日

8月は第二次世界大戦の終戦の月です。
この時期は、情文センターでは戦争関連の作品を選んで上映しています。

今回は『鬼太郎の見た玉砕~水木しげるの戦争~』をお送りしました。
『ゲゲゲの鬼太郎』などの作者 故 水木しげる先生の体験記のドラマ化です。
水木先生が戦争マンガを描きながら、先生自身体験を振り返り、
現代と戦時中の様子が交互に描かれていきます。

ドラマのなかで水木先生が語ります。
「一番かわいそうなのは戦争で亡くなった兵隊達ですよ。
亡くなった兵隊達はとにかく生きたくて仕方なかったんですからね」。
ゲゲゲの鬼太郎のキャラクターも登場し
「愚かしい国だった、愚かしい時代じゃった」と嘆きます。

参加された方が感想で「昔のように国勢に流されず、
一人ひとりがしっかりとした意見を持たないといけない」と話していました。
現代に生きる我々はこうした作品を見て、過去の歴史を学び、
戦争という同じ失敗を繰り返さないよう務めないといけません。

多くの人に見ていただきたい作品です。
ぜひお知り合いの方にも勧めていただきたいと思います(センターで借りられます)。
***********************************************************

『鬼太郎の見た玉砕~水木しげるの戦争~』(FD2013-001)
原作:水木しげる『総員玉砕せよ!』
制作:NHK名古屋放送局(2007年)
出演:香川照之/塩見三省/嶋田久作/田畑智子 ほか