聴覚障害者の精神保健を考える研修会2017は定員に達しましたので、申し込みを締め切らせていただきました。
7月29日(土)は、研修会実施のため臨時休館とさせていただきます。

聴覚障害者の精神保健福祉を考える研修会2017【申込終了】

★申し込み締め切りました

聴覚障害者のメンタルヘルスと支援
カウンセリングとソーシャルワークの連携のために

◆日時
平成29年 7月29日(土) 12時30分受付開始 13時00分~17時00分
30日(日)   9時00分受付開始  9時30分~12時30分

◆場所
港区障害者福祉保健センター ヒューマンぷらざ
(〒105-0014 東京都港区芝1-8-23)

プログラム
※変更になる場合があります



29日(土) 【基調講演・報告】  多目的体育室6階

○基調講演
「聴覚障害者の心の健康と支援~心理士の専門性と他職種との連携~
神戸大学 教授 河﨑佳子氏

○報告発表
(1)「米国におけるろう者を対象にした精神保健サービス-文化的言語的アプローチの観点から-」
ギャローデット大学 助教 高山亨太氏

(2)「精神等の障害を有する聴覚障害者の相談・支援に関する調査・研究事業報告」
情文センター生協助成事業委員長 元筑波大学大学院 教授 奥野英子氏


30日(日) 【レクチャー・研究・実践報告】  多目的体育室6階

(1)「依存症へのアプローチについて(仮題)」
アパリクリニック 院長 肥田明日香氏

(2)「ろうセラピストと聞こえるクライエント」
九州大学基幹教育院 キャンパスライフ・健康支援センター
コミュニケーション・バリアフリー支援室 甲斐更紗氏

(3)「精神科医療・福祉分野における聴覚障害者への支援」
情文センター 森せい子


主催:社会福祉法人聴力障害者情報文化センター

後援:東京都

協力団体(予定):
日本精神保健福祉士協会、東京精神保健福祉士協会、日本聴覚障害ソーシャルワーカー協会、
東京聴覚障害者総合支援機構(東京都聴覚障害者連盟・東京聴覚障害者自立支援センター)、
東京都中途失聴・難聴者協会、東京聴覚障害者福祉事業協会(東京手話通訳等派遣センター
・たましろの郷)、東京都盲ろう者支援センター、トット文化館、東京聴覚障害者支援センター、
金町学園、港区聴覚障害者協会

参加費  2,000円(資料代および送料等)

申込方法
1.参加費を下記の口座にお振込ください。(お振込み後の返金は致しかねます)

【振込口座】ゆうちょ銀行(郵便局)
口座記号番号:*************************
加入社名:************************
 ※通信欄に
①「精神保健福祉を考える研修会2017参加費」と記入してください。
②複数名でお振込みされる場合は、申込者全員分の名前を明記してください。

2.別紙申込書に必要事項を記入し、「振替払込請求書兼受領証」の写しを貼付し、
 FAX・郵送・来所のいずれかの方法でセンターまでお送りください。(メールは応相談)

申込〆切:定員(150名)になりましたので、申し込みを締め切りました

チラシはこちら / 申込用紙はこちら(PDF版) エクセル版

問合せ先:
社会福祉法人聴力障害者情報文化センター
聴覚障害者情報提供施設 地域支援部門
〒153-0053 東京都目黒区五本木1-8-3
TEL:03-6833-5004  FAX:03-6833-5005
メール:soudan@jyoubun-center.or.jp

過去の報告集・予稿集

H23_聴覚障害者の精神保健福祉を考える研修会報告集
H24_聴覚障害者の精神保健福祉を考える研修会報告集
H25_聴覚障害者の精神保健福祉を考える研修会報告集
H26_聴覚障害者の精神保健福祉を考える研修会報告集
H27_聴覚障害者の精神保健福祉を考える研修会報告集
H28_聴覚障害者の精神保健福祉を考える研修会予稿集