聴覚障害者の精神保健を考える研修会2017は定員に達しましたので、申し込みを締め切らせていただきました。
7月29日(土)は、研修会実施のため臨時休館とさせていただきます。

コラム2 難聴発見!のきっかけ…

2008年5月16日

POOHはこのコラムに重度難聴者と紹介している。
そうしたら、え?重度なの?大変だね~と言ってくれた人がいる。
同じ難聴の親友だ。
左100右90と100の間だから、まあ高度難聴ですね。

思えば、自分は急に高度難聴になったわけではなく、
初めは超軽度だったなと、懐かしく思い出してみた。
初めは、花粉症治療で行った耳鼻科医に、何気なく聞いた一言で難聴発見!

「あの・・・・耳鳴りって誰でもあるんですよね・・?」

キーーーーーンというのや、ザ~~という耳鳴りは当たり前で、
家族もまたそうだったから、耳鳴りがあって人間なんだと思っていた。
「何?耳鳴りするのか?どれどれ・・」と、
ドクターはなにやら棒のようなものを取り出して、POOHの眉間に当て、
「聞こえるか?」と。
「は?・・・・・なにが・・・?」
「だから何か聞こえる?と言ったんじゃよ」
「は?・・・・ぜ~んぜん」

すると。看護師呼んで、聴力調べてとの指示。
この時の検査結果は、両耳とも10~30デシベル。
はぁ~・・・こんなときもあったんだな~と懐かしい。
あれから20年くらい経つかな。

聞こえなくなるって結構しんどかったな…。
20年の間に、徐々に、時にはドカンと聴力が落ちて。
沢山へこんだことあったし…。

病院へ行くたびに、アナウンスを聞き間違えて、
呼ばれたと思ってカーテン開けたら、
診察中の裸のおばさんに睨まれたり…。
あっちもこっちも、び~~っくり!!

今もまだまだ失敗しながら、悪戦苦闘の日々であります。
聴力の問題じゃなくて性格の問題かもしれないけど…。

中国では大地震ですごいことになっている。
幸せはいつ崩れるかわからない。
さてと、今日も頑張ろう!!