新作DVD貸出始まりました。ご利用はこちらから。

コラム16 梅雨入り

2011年5月30日

台風と共に梅雨入りした感じですが、
皆さまお元気でしょうか?
今年の梅雨入りは例年よりも気が滅入るな~と、
なんとなく調子が出ないPOOHであります。
被災地の状況がテレビに流れるたびに涙線がゆるみます。
そして、現実を受け入れつつ、
現実に向かいつつ、
日々いろいろなことが新たに起きていきます。

先日、とある集会でのこと。
重複障害のあるこどもさんのことで
大変な思いをされている高齢の親御さん達と話す機会がありました。
ああでもないこうでもない、
どうしてそうなるのかしら・・・なんで?、
まったく本当にどうしたらよくなるのかしら・・・などなど、
ものすごく久しぶりにざっくばらんなおしゃべりができたので、
ああ・・・親御さん達も相当気張ってストレスため込んでいるな~と、
実感いたしました。本当に頭が下がります。

そして、話の途中である親御さんが私の肩をつかみながら言いました。
「あなたが聞こえなくなって本当によかったのよ~」
あまりにも心底本音で言う姿に、居合わせた皆が爆笑!
理屈は続きませんが、
とにかく、とっても障害がややこしくて対応が大変な方の支援のほんの一部を
担わせて頂いている身としては、
親御さんの気持ちがストンと胸に落ちる瞬間でした。
同じ障害をもっているからこそ、
そうした人間から言われることには素直に聞く耳を持てるのだと。

なんだかんだとありますが、
うんとため息つきながらゆっくりのんびり歩いていきましょう。
と笑顔の解散とあいなりました。
障害を持つということが役に立つって実感しております。がんばろう!